« 涙→笑顔 | トップページ | どこでも寝ちゃう »

電車でパニック

夫がきのう出勤途中の電車の中で大変だったらしい。久々にパニック状態になって、途中下車したそうだ。

帰ってきたときは、元気そうだった。

「休み明けは、調子悪い。」

そうだ。

「行きたくないわけではないんだけど。」

不思議な現象。

また心細くなってきたけど、あまりくよくよ考えるのはやめた。おそらく、前日に抗うつ剤以外の安定剤と眠剤を飲まなかったからかもしれない。

やっぱり、薬飲まないとダメなんだね。

なんか、ものすごく重い十字架を背負った気分になった。でも、それを支えてあげるのがわたしの役目なんだよね。

人はみんな見えない傷を負っている。

|

« 涙→笑顔 | トップページ | どこでも寝ちゃう »

心と体」カテゴリの記事

コメント

カナリヤさま

コメントありがとうございます。そうだったのですか・・・カナリヤさんのお気持ち、わたしにはよくわかりますよ。女の身で経済的にも精神的にも支えなくてはならないというのは、並大抵のことではありません。カナリヤさん自身が、誰かに支えてもらうことが必要だと思います。わたしは父がいてくれたおかげで、なんとか乗り越えることができたのだと思います。

そんなふうに言ってもらえて、うれしいです。人生、充実させましょうね

投稿: 華よりカナリヤさま | 2010.07.13 19:37

華さん初めまして。
初めてコメントさせていただきます。

今年の2月に夫が鬱病と診断されたときから、こちらのブログを読ませて頂いていました。
楽観視できないとは知りつつ、夫が長らくの失業から逃げの一心で、何かと言えば病気を理由にしているとしか思えない自分がいて、いまは離婚したいという思いで頭がいっぱいです。

支えなければいけないことも、夫婦としている以上、助けるのが当然だと頭ではわかっているのですが、経済的にも精神的にも支えなくてはいけない立場、本当に辛いです。

旦那様が復帰される前の状況のときの華さんと自分が重なり、ブログを読みながら涙が止まりませんでした。

我が家も私名義の住宅ローンを抱え、さらに相変わらず無職で無収入の夫を背負うことから逃げたくてたまりません。

すみません、長々と自分のことばかり書いてしまいました。

言葉でうまく伝えられないのですが、華さんのこと、心から応援しています。旦那様を支えることを頑張ってということだけではなくて、華さんご自身の人生が充実したものであるよう、願っています。

投稿: カナリヤ | 2010.07.13 13:46

さくらさま

1度、誕生日に電車に乗ったときの帰りにそんなことがあったんですよ。でも、昨日は大丈夫みたいだったから、まぁ心配ないだろうと思います。

抗うつ剤は急に飲まなくなると離脱症状起こしたり、とても危険です。飲んだり飲まなかったりも。そう、徐々に減らさないとダメですよ。でも減ってどうにかなるくらいなら現状維持で安定してくれたほうが、断然いいですよね

投稿: 華よりさくらさま | 2010.07.12 20:18

お久しぶりです!
パニックですか今までは1度もなかったですよね?症状は変化していくんでしょうか
うちの旦那も薬を辞めると言って2週間くらい飲んでなかった事がありましたが、調子が悪くなったのか、今はまた飲んでいます。
主治医も飲んだり飲まなかったりでいい。との事ですが、色々調べると徐々にへらして行くのが1番だとか。。。
取りあえずは薬を飲んでても安定しているのが1番です。

投稿: さくら | 2010.07.11 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電車でパニック:

« 涙→笑顔 | トップページ | どこでも寝ちゃう »