« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年12月

2009年を振り返る

いま、無事に2009年を終えることができそうです。ここに来てくださって方々、コメントくださった方々、ありがとうございました。どれだけ、元気になる力をもらったかしれません。

2009年は、夫の復帰準備の始まりでした。1月はまず、職場まで行く練習。なんだか学校に行けない小学生みたい。なんとか、通うことができるようになり2月から仕事再開。

6月までは、本当にしあわせな時間でした。やっと普通の生活ができるようになったと。だけど、7月からまた休職。とくに7月は本当に具合が悪く、もう一生働けないのかもしれない、と絶望の日々でした。

いつまで休職するのか、退職することになるのか・・・

先が見えない暑い毎日が苦しかった。

もうすぐ11月になるという直前、ほんとギリギリに復帰診断書を書いてもらうものの、なかなか持っていかないことに、イライラしたり・・・働けるかどうかわからない葛藤と不安が、夫のなかにたくさんあったことを知った。もう崖っぷちだった。ここでダメなら、もうあとがない。そんな気持ちだったんだと思います。

人は、そんな崖っぷちに立って初めて、なんとかすることができるようになるのではないか?と思えました。半日も働けないかもしれないと言っていた夫は、とりあえず仕事納めすることができました。

今のところ、まだ悪い兆候はみられません。でもまた行けなくなるかもしれない。そんな不安を抱えながら、しばらく過ごさなければなりませんが、今日どんなに落ちても明日になれば、まったく別の日がくるんだという希望を持つことができました。

とにかく、2010年はどんな状況になっても希望だけは持って生きていきたい。

それでは、よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再婚生活

山本文緒さんの『再婚生活 私のうつ闘病記』という本を読んだ。山本文緒さんは、好きな小説家のひとりで、ほとんどの本を読んでいる。だけど、ここんとこずっと新刊て出してないよなぁと思っていたら、うつ病だったらしい。

2003年から2006年にかけての日記。入院を5度くらいして、再婚した旦那さんは山本さんの看病のため、会社を休職もしたそうだ。

旦那さんは、山本さんが「ひとりになりたい。」といえば出かけたし、「帰ってきて。」と電話で(山本さんに)呼び出されれば帰ってくるのだったそうだ。

山本さんは今ではすっかりお元気になられたようで、うつ病がすっかりよくなったと自分で思えたきっかけは、テニスだそう。体を動かして汗をかくって楽しい。「心から、こんなに楽しめることがあれば、わたしはもう大丈夫。」って、生きる自信が湧いてきたと。

なるほど

そして、うつ病になる前から不摂生で、お酒、タバコ、おいしいものに目がない。太るばかりで、体にもよくなかった。それも原因だったのかもしれないと書いてありました。

たしかに、うつ病の人ってうちの夫もそうだったけど、外に出れなくなって電車にも乗れないし、どこにも行かなくなる。動かなくなる。だから、へんにコレステロールやら中性脂肪やら尿酸値がの数値が上がってしまう。中には、糖尿病にもなってしまう人もいる。だから、気をつけないといけない。

心から楽しめることがある人は、強いんだと改めて思えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらさんへ

ブログ更新に気づかず、ごめんなさい。昨日、さくらさんのブログ見ました。旦那さま、働けるようになって、よかったですね

ランチしたり、DVD見たり・・・そうそう、何気ないことが幸せだって思えます。このまま完全復活してくれるといいですね。応援してます

またの更新、楽しみにしています。

華より。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »