« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

1ヶ月弱

夫が復帰して、そろそろ1ヶ月弱が経つ。今のところ、残業もほとんどしていないせいかノープロブレム

あんだけ休んでいたのに、よくやってるなと思う。正直、数日もつか不安だった。父に聞かれても胸をはって自慢できる。

「なんだったんだろうね?やれば、できるじゃんね

と冗談めかしている。父は誰よりも、それが気のせいでも何でもなく、うつ病のせいだと知っている。

夫の心配がなくなると、それまで気にもならなかった心配が出てくる。人は常に何か心配したくて仕方ない生き物なのだろうか?

母親は大丈夫かとか、母親のめんどうに疲れた父は大丈夫だろうか?職場の人間関係とか今さらなんだけど、今まで夫のことしか考えられなかったぶん他のことが浮き彫りになってくる。

だけど、夫のうつ病に比べたらたいしたことじゃないように思える。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

手帳

前回の復帰のときに、わたしの手帳に夫が出勤するたびに復帰して何回出勤したか書き込んでいた。1,2,3・・・と。

7月の途中、109で終わった。

そして、今月からまた1からスタート。いくつの数字まで書き込むことができるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手紙

きょうから復帰した夫。

途中で早退してくることもなく、なんとか1日もったようだ。お見送りするときに手紙をスーツのポケットにいれた。

おとといの夜に書いた。内容はこんな感じ。

「いよいよ今日から復帰ですね。すごく行きづらいと思うし、久しぶりだから疲れると思う。だけど、前回は1年半ぶりにちゃんと復帰できたんだから、絶対だいじょうぶ。あなたは、とても真面目で頑張りすぎてしまうところがあるから、休息も計算に入れながら無理せずやっていってね。無理、無茶は禁物です。調子が悪いと思ったら、すぐに言ってね。きっと力になってあげれるから。無事に帰ってくるのを待っています。」

前回は、もうずっと働けるものかと思っていた。だけどそう甘くはなかった。今回は、どれだけ続くのか。正直あまり期待はしていない。だから働くことができている間は、この喜びとしあわせを噛みしめていたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »